ブログ

協調的な情報公開

もっとも、「責任ある開示」というよりも、「協調的な開示」「強調的な情報公開」という立場に移行しつつあるのではないか、ということもいわれているみたいです。

記事としては、

「グーグル、ゼロデイ脆弱性7日で公開推奨の波紋 責任ある情報公開と協調的な情報公開」
脆弱性の情報公開めぐりMSが姿勢を転換――「責任」から「協調」へ
などがあります。

MSの記事は、こちらになります。

ICANNは、こんな感じ。

わが国のスキームは、むしろ、「協調的な情報公開」 にもとづくもの、と今後記載していったほうがいいのかもしれません。

関連記事

  1. ネットワーク中立性講義 その7 米国の議論(トランプ政権の動き)…
  2. 「プラットフォームにおけるプライバシーの保護に関する個人データ保…
  3. 「テータ戦略と法律」(改訂版)を献本いただいたので、内閣官房の「…
  4. プライバシーサンドボックス、FLoC、FLEDGEとは、何か?
  5. 憲法の「通信の秘密」は、電気通信事業者に適用されるのか-総務省「…
  6. ISPのLiabilityからResponsibilityへ-E…
  7. 仮想通貨はお金の未来を変えるのか
  8. 中崎先生の編著の「詳説 外為法・貿易関係法」が出版されました。
PAGE TOP