ブログ

協調的な情報公開

もっとも、「責任ある開示」というよりも、「協調的な開示」「強調的な情報公開」という立場に移行しつつあるのではないか、ということもいわれているみたいです。

記事としては、

「グーグル、ゼロデイ脆弱性7日で公開推奨の波紋 責任ある情報公開と協調的な情報公開」
脆弱性の情報公開めぐりMSが姿勢を転換――「責任」から「協調」へ
などがあります。

MSの記事は、こちらになります。

ICANNは、こんな感じ。

わが国のスキームは、むしろ、「協調的な情報公開」 にもとづくもの、と今後記載していったほうがいいのかもしれません。

関連記事

  1. 憲法の「通信の秘密」は、電気通信事業者に適用されるのか-総務省「…
  2. プライバシーと競争の交錯-英国のグーグルサンドボックス事件の終結…
  3. 競争政策は、セキュリティを破壊するのか-英国 CMA モバイルエ…
  4. ネットワーク中立性講義 その10 競争から考える(2)
  5. フェースブックはね、フェースブックブルーっていうんだほんとはね-…
  6. (プライバシーサンドボックスに関する?)英国・競争市場庁と情報コ…
  7. ネットワーク中立性講義 その8 日本における通信法との関係
  8. 第一東京弁護士会 IT法部会シンポジウムの歴史
PAGE TOP