ブログ

協調的な情報公開

もっとも、「責任ある開示」というよりも、「協調的な開示」「強調的な情報公開」という立場に移行しつつあるのではないか、ということもいわれているみたいです。

記事としては、

「グーグル、ゼロデイ脆弱性7日で公開推奨の波紋 責任ある情報公開と協調的な情報公開」
脆弱性の情報公開めぐりMSが姿勢を転換――「責任」から「協調」へ
などがあります。

MSの記事は、こちらになります。

ICANNは、こんな感じ。

わが国のスキームは、むしろ、「協調的な情報公開」 にもとづくもの、と今後記載していったほうがいいのかもしれません。

関連記事

  1. 米国における「修理の権利」の議論-FTC “Nixi…
  2. ネットワーク中立性講義 その8 日本における通信法との関係
  3. ネットワーク中立性講義 その6 米国の議論(トランプ政権前)
  4. 弁護士ドットコムにフォレンジックスとドキュメント管理の解説が掲載…
  5. AI時代の証券取引 (その3)
  6. アンブレラとしての「ネットワーク中立性」の概念-寺田 麻佑「ネッ…
  7. EUのデジタル・サービス法案vs違法情報対応
  8. プラットフォーム/ネットワーク中立性/インターネット成分表/(軍…
PAGE TOP