ブログ

タカタ製エアバッグ事故と調査の実務

「タカタ製エアバッグ事故で際立った日米の報道姿勢の違い」という記事がでています。

このような問題が起きたときに、企業内でのドキュメントを精査するという作業が行われます。自動車関係の企業においては、当然になれている作業かと思いますが、特に、膨大な作業になり、費用も非常にたくさんかかってしまいます。

この記事を読んでも、わかるように最初の事故が、どの会社から、どのように報告されて、その報告にたいして、どのような対応がとられてきたかというのは、事実関係としてきわめて重要です。多分、電子メールが使われているでしょうから、その分析も可能になるでしょう。また、対応の記録は、当然に保存されているものと思われます。膨大な電子データの分析が行われるのです。

前の大手自動車会社のリコール問題の際には、日英バイリンガル・レビューアーの時間あたりのレートがあがった、という話を噂でききましたが、今回の事件もそのようなスケールになるのではないでしょうか。特に担当者は、洗練された対応が必要とされるところです。

(私のところにおこぼれのレビュー管理の仕事でもきてくれるといいのですが)

 

関連記事

  1. 動的ブロッキング・ライブブロッキングの「もつれ(エンタングルメン…
  2. 責任ある開示
  3. デジタル証拠WS 参加ありがとうございます。
  4. 「プラットフォームにおけるプライバシーの保護に関する個人データ保…
  5. 憲法の「通信の秘密」は、電気通信事業者に適用されるのか-総務省「…
  6. 図解 アップル・エピックゲームズ事件判決の理論的?分析
  7. 見えてきた現実、ロボットにも法的責任 (AIと世界)
  8. 英国におけるGDPR対応の状況-政府の対応
PAGE TOP