ブログ

弁護士ドットコムに「私物のパソコン、スマートフォン(電子端末)を調査する」場合の考え方が掲載されました

弁護士ドットコムのビジネスローヤーズに所長 高橋郁夫の 「会社のデータを保存した私物のパソコン、スマートフォン(電子端末)を調査するうえでの考え方」が掲載されました。

この問題については、基本的に、企業秩序違反の疑いが発生した場合かどうかで、枠組をわけて考えるというのが、私の基本的なスタンスになって、その意味で、このコラムのシリーズで次に公開される通常時の一般的なモニタリングとは、異なります。

参考になりましたら、幸いです。

 

関連記事

  1. 第四次産業革命に向けた競争政策の在り方に関する研究会報告書~Co…
  2. 第一東京弁護士会 IT法部会シンポジウムの歴史
  3. 新ブランダイス派は、所詮ヒップスター(流行り物好き)なので、葬送…
  4. ISPのLiabilityからResponsibilityへ-E…
  5. 修理市場における公正?-NY州の「公正な修理法」が上院通過
  6. 新ブランダイス運動は、ポピュリスト-Hovenkamp先生の「運…
  7. プロバイダ責任制限法の数奇な運命-導管(conduit)プロバイ…
  8. 弁護士ドットコムにフォレンジックスとドキュメント管理の解説が掲載…
PAGE TOP