ブログ

弁護士ドットコムに「私物のパソコン、スマートフォン(電子端末)を調査する」場合の考え方が掲載されました

弁護士ドットコムのビジネスローヤーズに所長 高橋郁夫の 「会社のデータを保存した私物のパソコン、スマートフォン(電子端末)を調査するうえでの考え方」が掲載されました。

この問題については、基本的に、企業秩序違反の疑いが発生した場合かどうかで、枠組をわけて考えるというのが、私の基本的なスタンスになって、その意味で、このコラムのシリーズで次に公開される通常時の一般的なモニタリングとは、異なります。

参考になりましたら、幸いです。

 

関連記事

  1. ネットワーク中立性講義 その2 エンド・ツー・エンド原則と議論の…
  2. 修理市場における公正?-NY州の「公正な修理法」が上院通過
  3. ネットワーク中立性講義 その12 競争から考える(4)
  4. 「テータ戦略と法律」(改訂版)を献本いただいたので、内閣官房の「…
  5. サイバーセキュリティ構築宣言と「競争の番人」-グレイゾーンの解消…
  6. 所長の高橋郁夫が第33回東京国際映画祭 共催企画 MPAセミナー…
  7. ネットワーク中立性講義 その4 米国の議論(2014年まで)
  8. ネットワーク中立性講義 その7 米国の議論(トランプ政権の動き)…
PAGE TOP