ブログ

弁護士ドットコムに「私物のパソコン、スマートフォン(電子端末)を調査する」場合の考え方が掲載されました

弁護士ドットコムのビジネスローヤーズに所長 高橋郁夫の 「会社のデータを保存した私物のパソコン、スマートフォン(電子端末)を調査するうえでの考え方」が掲載されました。

この問題については、基本的に、企業秩序違反の疑いが発生した場合かどうかで、枠組をわけて考えるというのが、私の基本的なスタンスになって、その意味で、このコラムのシリーズで次に公開される通常時の一般的なモニタリングとは、異なります。

参考になりましたら、幸いです。

 

関連記事

  1. ネットワーク中立性講義 その2 エンド・ツー・エンド原則と議論の…
  2. 修理市場における公正?-NY州の「公正な修理法」が上院通過
  3. 憲法の「通信の秘密」は、電気通信事業者に適用されるのか-総務省「…
  4. アップル信者の存在の科学的証明?-Googleアンドロイド事件
  5. 使用者の電子メールのモニタリング権限に関する日本の判決例について…
  6. 新ブランダイス派は、所詮ヒップスター(流行り物好き)なので、葬送…
  7. カーンFTC委員長は、トリックスターか、学者か?-「アマゾンの反…
  8. 見えてきた現実、ロボットにも法的責任 (AIと世界)
PAGE TOP