ブログ

弁護士ドットコムに「従業員の私物パソコン、スマートフォン(電子端末)に調査ツールをインストールさせることの是非および留意点」が掲載されました。

弁護士ドットコムのビジネスローヤーズに所長 高橋郁夫の 「従業員の私物パソコン、スマートフォン(電子端末)に調査ツールをインストールさせることの是非および留意点」が掲載されました。

この問題については、基本的に、前回の企業秩序違反の疑いが発生した場合における調査時とは異なって、通常時の一般的なモニタリングの法的な問題論じるものです。

特に、リモートワークが必須になってきている現在において、新たな法的論点に急速になっているかと思います。(また、従業員のリモートワークにおける勤務の監査等においても検討すべき必須論点となることもあるかと思います)

法的には、権威的解釈その他がある問題ではなく、難問ではありますが、法的問題の検討の参考になりましたら、幸いです。

関連記事

  1. 弁護士ドットコムに「私物のパソコン、スマートフォン(電子端末)を…
  2. 修理市場における公正?-NY州の「公正な修理法」が上院通過
  3. 域外からの通信によるネットワーク上の犯罪と刑罰法規の適用について…
  4. グローバル・プライバシー・ノーティスを考える
  5. アンブレラとしての「ネットワーク中立性」の概念-寺田 麻佑「ネッ…
  6. ネットワーク中立性講義 その5 米国の議論 (ゼロレーティン…
  7. AI時代の証券取引(その1)
  8. 「カーンの逆襲」-分断のアメリカFTC-「消費者福祉促進」ガイダ…
PAGE TOP