駒澤綜合法律事務所のロゴ

このページの上にもでています、「駒澤綜合法律事務所」のロゴでありますが、マホガニーブラウンの色、天秤と相まって、自分としても気に入っております。2011年より利用しているものです。

「下町ロケット」の田村・大川法律事務所のロゴとの類似性がとか考えられる方がいるかもしれませんが、当所のオリジナルでありますし、また、当事務所が、田村・大川法律事務所のモデルとなったという事実もありませんので、混乱なされませんようにお伝えいたします。

辻美紀弁護士が退所いたました

残念なお知らせですが、本年6月より、ご一緒しておりました辻美紀弁護士が病気療養のため、駒澤綜合法律事務所を退所いたました。

なお、辻弁護士は、弁護士登録も抹消する予定です。

短い期間でしたらが、ご一緒できたことは、事務所の喜びであり、誇りです。健康になられる日をお祈りしています。

佐藤寧弁護士が事務所を離れました

皆様

2013年2月より、前身のBLT法律事務所のときから、一緒に実務に携わっておりました佐藤寧弁護士が、駒澤綜合法律事務所を離れることとなりました。

新規所属事務所は、
法律事務所キノール東京
〒105-0003
東京都港区西新橋1-21-8
弁護士ビル503
TEL 03-5510-1518
になります。

佐藤弁護士の現在までの事務所への貢献には、本当に心より感謝いたします。
佐藤弁護士の新天地での新たな挑戦を祝福したいと考えています。

なお、高橋と佐藤弁護士とで共同受任している案件につきましては、佐藤弁護士が引き続いて受任いたします。打合せ等につきましても従前どおりです。

今後とも、駒澤綜合法律事務所ともども佐藤寧弁護士をよろしくお願いします。

平成30年9月25日

高橋郁夫

駒澤綜合法律事務所のリーガルニュース

駒澤綜合法律事務所は、リーガルニュースのサイトを準備しています。

このサイトは、所長高橋郁夫の管理するサイトですが、SSL通信で提供されており、保護された通信となる点に特徴があります。

このサイトで、役に立つ法律情報をアマゾンechoで提供するべく、現在、アプリであるスキルを準備しています。

 

辻美紀弁護士が加入しました

辻美紀弁護士が、駒澤綜合法律事務所に加入いたしました。

辻弁護士の紹介ページはこちらになります。

辻弁護士は、企業法務の分野で企業法務全般の経験を重ねてきており、M&A(法務デューデリジェンス、M&A)などの経験が豊富です。

さらに、東京都の女性法律相談を数年間、担当しており、離婚事件の相談経験も多数に上り、また、女性弁護士の立場から、離婚事件の相談者の方々のお気持ちを十分に理解して参りました。

みなさま、なにとぞ、よろしくお願いします

Hope Islandさんが、6月よりオープンします

アトリエ駒澤1階にHope Islandさんが、6月よりオープンします。

大人の音楽好きが集まるイメージになるのかなとか勝手に思っています。みなさま、ご愛顧のほどを。

写真は、May J.さんからのお花。Beverlyさんからのお花もありました。

 

6月5日追記

噂のIT社長さま(私じゃないです)からのお花もありました。

仮想通貨をめぐるビジネスの将来について~世間を騒がした仮想通貨の事件からの考察~

スルガ銀行 d-laboさんで駒澤総合事務所 所長 弁護士高橋郁夫が平成30年4月11日に「仮想通貨をめぐるビジネスの将来について~世間を騒がした仮想通貨の事件からの考察~」の講演を行います。

ご案内のサイトは、こちらです

受け付けは、既に終了しておりますが、ご案内させていただきます。

 

矢内良典弁護士が参加しました

平成30年2月1日より、矢内良典(やない りょうすけ)弁護士が、駒澤綜合法律事務所に参加します。

(実際の事務所参加は、2月5日からになります)

矢内弁護士の経歴は、こちらになります。

2年あまりの実務経験をもち、また、IT分野、プログラミングにも知識経験を持っておりますので、必ずや、みなさまのお役に立てるものと信じております。

ますますパワーアップしました駒澤綜合法律事務所をなにとぞよろしくお願いします。

 

高橋の講演が弁護士ドットコムに掲載されました

所長の高橋が講演しました昨年11月29日の「人工知能が法務を変える?」のシンポジウムが、弁護士ドットコム28号に掲載されました。


記事でもふれてもらっていますが、AIということによって、実際に実現している、もしくは、近いうちに成立しうる技術をきちんとみないことになる弊害に対して警鐘をならしたシンポジウムとして評価されるではないかと個人的には思っています。

その一方で、長い目でみたときには、決して軽視されない重要な動きになるということを意識して、むしろ、いかにしてつかいこなす側にまわるかということだろうということにもふれることができました。

たくさんきていただいた方に、本当に感謝いたします。