ブログ

6次の隔たり

「6人たどれば世界中の人々とつながる! 社会を動かす「六次の隔たり」を俳優ケヴィン・ベーコンが解説」

(http://logmi.jp/26343)

世の中のデータは、みんな識別可能な人につながっているよ、それは、コストパフォーマンスで、つなげようとしないからだよ、という説明で、このケビィン・ベーコンの話をよく出します。

個人情報の説明で、みんな識別「可能」か否か、は、当然に峻別できると議論しているようにおもえていて、このケビィン・ベーコンの話とWG29の報告書(EU article 29 Data Protection Working Partyの「Opinion 4/2007 on the concept of personal data」(wp136意見書))を紹介するのですが、なかなか理解されませんね。

代表的な映画は、フットルースです。

関連記事

  1. 仮想通貨をめぐるビジネスの将来について~世間を騒がした仮想通貨の…
  2. 事務所集合写真を新しくしました
  3. 配偶者なしで、兄弟姉妹(両親をともにしない)がいる場合
  4. 所長の高橋郁夫が、テレビ朝日 スーパーJチャンネルに音声出演いた…
  5. 高橋の講演が弁護士ドットコムに掲載されました
  6. ネットワーク中立性講義 その10 競争から考える(2)
  7. 遺留分制度の見直し (2)
  8. 無線LANただ乗り、電波法は「無罪」…懸念も
PAGE TOP