ブログ

配偶者のいる場合

配偶者の方がいる場合について考える場合です。

 この場合は、常に配偶者が相続人になります。

第890条
被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、第887条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。

というのが条文です。

 次の質問は、お子さんがいるか、どうかということです。

第一順位

なくなった方には、お子さんは、いますか。(ここでは、お子さんがいたが、既に亡くなっている場合も含みます。また、養子の場合も含み ます)?

 ここでの選択肢は、

(Y) はい。います (いましたを含む)

(N )いいえ。いません

になりますね。

 

関連記事

  1. 配偶者いるが、子供なしの場合
  2. 令和元年民事執行法等の改正(3)その他の事項
  3. 日経トレンディで、法律相談支援チャットボットが紹介されました。
  4. 配偶者がいて、お子さんもいる場合
  5. 新型コロナウイルス感染症に関する法律問題についてのリンク
  6. 坂本正幸法政大学大学院法務研究科教授がオブ・カウンセルとして参加…
  7. 矢内良典弁護士が参加しました
  8. 配偶者なしで、兄弟姉妹(両親をともにしない)がいる場合
PAGE TOP