ブログ

配偶者がいて、子供がいない、直系尊属がいる場合

(Y) はい。直系尊属がいますの時

相続人は、配偶者と直系尊属です。

条文としては、民法889条(直系尊属及び兄弟姉妹の相続権)
次に掲げる者は、第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。

一  被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
二  被相続人の兄弟姉妹

第887条第2項の規定は、前項第二号の場合について準用する。

となります。

法定相続分は、配偶者が3分の2、直系尊属が全員で、3分の1 になります。

遺言について考えましょう。

関連記事

  1. 英国におけるGDPR対応の状況-情報コミッショナーの対応
  2. ソフトウエアフォレンジックス
  3. 坂本正幸法政大学大学院法務研究科教授がオブ・カウンセルとして参加…
  4. New Yorkのビットコイン規制
  5. 接触確認アプリリリースを踏まえてアップデートしました「新型コロナ…
  6. 民事執行法及び国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実施に…
  7. ネットワーク中立性講義 その15 ゼロレーティングと利害状況(2…
  8. サイトの構造を変更しています
PAGE TOP