ブログ

訴訟支援

フォレンジックスという技術は、証拠の取得や分析一般などまで広がるものであり、一般に訴訟支援といわれる分野となってきます。

e-ディスカバリーの分野とも関連しており、これらの分野は、フォレンジックスという分野の外縁をなしているということができるでしょう。

大まかにいえば、ひとつの事案を取り巻くデジタルデータが、細かいところまでみていくのが、フォレンジックス、大きく見て、関連しているものを早急にみつけだして、その中身を分析するのが、e-ディスカバリーのイメージしもしれません。(これは、大雑把なイメージなので、正確ではありません)

EDRM(e-discovery リファレンス モデル)が公表されており、膨大なデータから、特定の事案に関連するドキュメントを抽出する作業の標準的な手順が標準化されています。

この具体的な内容については、また、詳しく投稿しますが、この分野が、現在、きわめて大きなビジネスとなりつつあることは留意しておく必要があるでしょう。

関連記事

  1. 新年あけましておめでとうございます。
  2. 配偶者のみが相続人の場合
  3. 特別の寄与など
  4. 坂本弁護士が、災害対策のために招集されました。
  5. 世界情報基盤
  6. 接触確認アプリリリースを踏まえてアップデートしました「新型コロナ…
  7. 配偶者なし、子供ありの場合
  8. ハリー・ポッターのお店
PAGE TOP