所長の高橋郁夫が「新型コロナウイルス対プライバシー-コンタクトトレーシングと法」をKindle出版しました

駒澤綜合法律事務所 所長の高橋郁夫が、kindle出版で、「新型コロナウイルス対プライバシー-コンタクトトレーシングと法」を出版しました。

表紙は、こちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾンでの販売ページは、こちらです

現時点での売り上げは、法律のランク2位(26日 午後6時45分)ですね。ありがとうございます。

この厳しい時期に、この議論に貢献できたことをうれしく思います。

 

 

 

 

 

目次を添付しましょう。

基礎的な仕組み、欧州、英国、オーストラリア、米国、そしてわが国への示唆というアプローチを取っています。

また、プライバシーについては、経済学的な観点からの示唆でもって、法的な解釈を事実に基づいてなすようにという提言をしているという特徴があります。

kindleのアンリミテッドをもっている方は、ちょっと目を通していただけるといいかと思います。

よろしくお願いします。

以下は、目次です

第1章  コンタクトトレーシングの基礎

1 概念と必要性

1.1 コンタクトトレーシングとは
1.2 コンタクトトレーシングの実際
1.3 COVID-19とコンタクトトレーシング
1.4 実際の作業の課題
1.5 コンタクトトレース機能拡大のために
1.6 出口戦略との関係

2  基本的な仕組み
2.1 コンタクトトレーシングのアプローチ
2.2 シンガポールのTraceTogether
2.3 英国NHSXのNHS COVID-19 App
2.4  COVIDSafe
2.5 PEPP-PT
2.6 DP-3T
2.7  グーグルとアップルの枠組

2章 世界におけるコンタクトトレーシング

はじめに

1 コンタクトトレーシングに関する欧州の動向
1.1 欧州における実体法的枠組
1.2コンタクトトレーシングと法についての分析について

2 イギリス

2.1 イギリスにおけるプライバシーに関する実定法的な枠組み
2.2 イギリスにおけるコンタクトトレーシングの議論

3 オーストラリア

3.1 オーストラリアのプライバシーに関する実定法
3.2 COVIDSafeの開発
3.3  アプリに関する法的整備

4 アメリカ

4.1 アメリカにおける個人情報保護法制について
4.2 米国におけるデジタル・コンタクト・トレーシングのプロジェクト
4.3 法的問題点について

第3章 わが国における検討

1 検討されるべき法
1.1 感染症関係の法律
1.2 プライバシー関係の法律
1.3 ヘルスソフトウェアについての問題

2 わが国における選択
2.1 具体的な判断にいたるまで
2.2  第3回 新型コロナウイルス感染症対策 テックチーム会議と有識者委員会

3 わが国のコンタクトトレーシングシステムに対して求められる要求事項
3.1 要求事項についての考察
3.2  異論がない諸原則
3.3 プライバシー尊重の原則について
3.4 その他

4 プライバシー問題解決のために
4.1 プライバシー問題についての基本的なスタンス
4.2 最適なバランスを探すための考え方
4.3 プライバシーに関するナッジ
4.4 データ保護の最優越的地位?

5 透明性原則と影響評価
5.1 設計と運営における透明性の確保
5.2 プライバシー影響評価の意義
5.3 プライバシー影響評価のプロセス (COVIDSafeを例に)
5.4 プライバシーアセスメントの実際
5.5 法的に特に注目のなされるべき事項

6 わが国におけるコンタクトトレーシングシステムについて検討するべき事項
6.1 わが国において検討するべき事項について
6.2 検討すべき趣旨

最後に
筆者紹介
 












 

 

It's only fair to share...Share on LinkedInTweet about this on TwitterShare on Facebook