ブログ

片親のみを同じくする兄弟姉妹の場合

(N )いいえ。違います。

民法900条4項

四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

の「父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。」となっているのによることになります。

法定相続分は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が全員で、4分の1になります。

法定相続分は、この場合は、片親のみを同じくする兄弟姉妹は、双方を同じくする兄弟姉妹の2分の1になるので、そのように計算をします。

関連記事

  1. クラスアクション訴訟-バボララケット
  2. 英国におけるGDPR対応の状況-情報コミッショナーの対応
  3. 兄弟姉妹が相続人の場合
  4. 高橋の講演が弁護士ドットコムに掲載されました
  5. ネットワーク中立性講義 その2 エンド・ツー・エンド原則と議論の…
  6. ハリー・ポッターのお店
  7. Golden Time is Yours
  8. 坂本正幸法政大学大学院法務研究科教授がオブ・カウンセルとして参加…
PAGE TOP