ブログ

法律相談のアルゴリズム

日頃、法律相談をしているときに、法律相談というのは、根本的にアルゴリズム化できるし、それのもとに、法律の条文・概念を位置づけるのが必要なのではないかと考えるようになりました。

たとえば、個人の方が「債務を負っています」という相談の場合には、標準的な法律相談は、以下のようなアルゴリズムに基づいてなされています。多分、経験を積んだ弁護士の方(30年経つとそれはそれで感慨がありますが)は、それを意識しないでも、自然にこのようなアルゴリズムが身についていると思います。

ということは、これを対話式のプログラムに乗せると、私の仮想アシスタントが出来上がるというわけ。でもって、今度のGWは、仮想アシスタント作成に挑戦です(?)。

 

 

It's only fair to share...Share on LinkedInTweet about this on TwitterShare on Facebook

関連記事

  1. 高橋郁夫のCODEBLUEスピーカー・インタビューが公開されまし…
  2. 無線LANただ乗り、電波法は「無罪」…懸念も
  3. ロンドンでの息抜き
  4. 接触確認アプリリリースを踏まえてアップデートしました「新型コロナ…
  5. 英ロンドンで恒例行事、伝統の法廷衣装とかつらの裁判官らが集合
  6. Hope Islandさんが、6月よりオープンします
  7. プロ人材、移籍制限歯止め 公取委、独禁法で保護 働き方、自由度…
  8. 所長の高橋郁夫が、テレビ朝日 スーパーJチャンネルに音声出演いた…
PAGE TOP