ブログ

配偶者なしで、兄弟姉妹(両親をともにする)がいる場合

(Y) はい。同じです。

条文でいうと、民法900条になります。その4項は、

四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

となっています。

この場合は、父母をともに同じくする兄弟姉妹(全血の兄弟姉妹ということもあります)ということなので、相続分が、均等になります。

すなわち、この場合は、兄弟で、法定相続分として、頭数で分けることになります。

なお、兄弟姉妹が亡くなっている場合には、そのお子さんたちが相続することになります

次は、通常は、遺言の問題を検討することになります。

関連記事

  1. 坂本正幸法政大学大学院法務研究科教授がオブ・カウンセルとして参加…
  2. 6次の隔たり
  3. ロボットのスタートアップがおかしがちな法律トラブル
  4. New Yorkのビットコイン規制
  5. 配偶者いるが、子供なしの場合
  6. 片親のみを同じくする兄弟姉妹の場合
  7. 「情報漏えいが疑われる場合の対応方法」が、弁護士ドットコムに掲載…
  8. サイトの構造を変更しています
PAGE TOP