IT法研究部会セミナー「デジタル証拠の現在と未来」

高橋郁夫が部会長をしています、第一東京弁護士会 IT法部会において、以下のセミナーを開催します。

主たる目標は、会員の研修でありますが、聴講者については、一般公開(多数の場合は、会員が優先)となっております。恐縮ですが、参加いただける方は、下のところまでFaxで連絡をいただけると幸いです。

タイトル「デジタル証拠の現在と未来」

現代社会におけるあらゆる事象はITと密接不可分に結合しています。この状況は、訴訟を初めとする法律実務の場面においても全く変わらず、今や、文書や電子メール、電子的な画像・録音・録画データ等のデジタルデータが、訴訟を含む法律事務全般において、証拠として重要な意味を有するようになっています。そして、このようなデジタルデータによる証拠(デジタル証拠)を法律実務において適切かつ適確に扱うためには、弁護士自身が、デジタルデータの仕組みとその意味、役割を理解することが必要不可欠です。こうした問題意識の下、総法研IT法研究部会は本年5月に活動を開始し、本年度は「デジタル証拠と法律事務」をテーマに研究を行っています。
今般、IT法研究部会では、これまでの研究成果を踏まえ、eディスカバリ等において世界的にサービスを提供しているエピックシステムズ東京オフィス代表スコット・ウォーレン氏、国内においてフォレンジックやデータ復元等の製品・サービスに実績のあるAOSテクノロジーズの佐々木社長を招き、セミナーを開催いたします。本セミナーは、専門家による最先端の技術の紹介を交え、「デジタル証拠の現在と未来」を掘り下げて検討するという大変貴重な機会ですので、ご案内申し上げます。奮ってご参加下さい。


1.日 時
平成26年12月11日(木)午後1時30分から午後5時(受付開始:午後1時)

2.場 所  弁護士会館12階 第一東京弁護士会講堂

3.内 容
講演①「近時の話題の事件とデジタル証拠」(岡徹哉弁護士:IT法研究部会部会員)

講演②「デジタルデータとデータ復元」 (佐々木 隆仁氏:AOSテクノロジーズ社長)

講演③「民事訴訟法とデジタル証拠」  (島崎政虎弁護士:IT法研究部会部会員)

講演④「デジタル証拠と未来」(スコット・ウォーレン 氏:エピックシステムズ 東京オフィス代表・カルフォルニア州弁護士)(英語・同時通訳あり)

パネルディスカッション 「デジタル証拠時代の新法律実務」
司会:高橋郁夫(IT法研究部会部会長) パネリスト:上記の各講師

4.参加費用
無料(定員120名 先着順)(なお、申込数が定員を超えた場合には、お断りすることがありますので、お早めにお申込みください。)

5. 対 象  特に限定はありません。
(ただし趣旨が会員研修のため会員が優先とされます)

6.申込み  「参加申込書」に必要事項をご記入の上、平成26年12月1日(月)までに下記申込用紙にて第一東京弁護士会業務推進第2課宛(担当舟橋)にお申し込み下さい。

*本件に関する問い合わせ先:
第一東京弁護士会業務推進第2課 舟橋(03-3595-8582)
-------------------
参 加 申 込 書
FAX 03-3595-8577(舟橋宛)
下記ご記入の上、切り取らず、本書をFAXして下さい。
弁護士会・所属
登録番号(弁護士の方)
お名前

ご提供いただいた個人情報は、第一東京弁護士会の個人情報保護方針に従い厳重に管理し、本セミナー参加に関する請求書・受講票の送付等の事務連絡及び参加者名簿作成にのみ利用致します。

It's only fair to share...Share on LinkedInTweet about this on TwitterShare on Facebook