ブログ

民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案

「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案」が、国会で可決成立しました(平成30年7月6日)。
要綱は、こちら
条文は、こちら

相続等の業務に大きく変更を与えるであろう改正なので、きちんと勉強をしていきたいと思います。

改正の内容としては、民法の改正、家事事件手続法の一部改正にわけられます。

民法の改正としては、
(1)配偶者の居住の権利
(2)遺産分割等に関する見直し
(3)遺言制度に関する見直し
(4)遺留分制度の見直し
(5)相続の効力等に関する見直し
(6)特別の寄与

家事事件手続法の一部改正としては
(1)遺産分割前の預貯金債権の仮分割の仮処分
(2)特別の寄与に関する審判事件

があげられています。
それぞれ、実務に対して、かなりの影響をもつだろうという気がします。

関連記事

  1. 所長 高橋郁夫が「中小企業のためのサイバーセキュリティイベント」…
  2. 坂本正幸法政大学大学院法務研究科教授がオブ・カウンセルとして参加…
  3. Silk (TV) & Peter Moffat
  4. 民事執行法及び国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実施に…
  5. シンポジウム 「人工知能が法務を変える?」へのたくさんの来場あり…
  6. 弁護士近影を追加しました
  7. 配偶者なしで、兄弟姉妹(両親をともにする)がいる場合
  8. 無線LANただ乗り、電波法は「無罪」…懸念も
PAGE TOP