駒澤綜合法律事務所の新型コロナウイルス対応について

駒澤綜合法律事務所は、感染が広がっている新型コロナウイルス感染症(症状については、Covid-19、ウイルスについてSARS-CoV-2)について、「公衆の衛生と安全が第一」との方針に基づいて、以下のとおり対応していきます。

なお、新型コロナウイルス感染症対応から引き起こされている法律問題については、また、別のページでまとめます。

1. 各弁護士の法律相談等の対応形態について
駒澤綜合法律事務所では、従来から、各弁護士それぞれが、自宅や執務先等での対応をしております。
なお、裁判所での弁論・調停への出廷のためにやむを得ず、公共交通機関を利用する場合でも社会的距離をとるように等の細心の注意を払います。

2. 法律相談時
飛沫感染防止のためにアクリル板を挟んでの法律相談をお願いしています。
法律相談等につきましては、Skype、Zoom、電話等でも対応いたしますので、ご相談ください。

3.感染時またはその疑いがある場合における対応
身近に感染者または濃厚接触者と認定された人がいる場合は、その旨を事務所に報告します
37.5℃以上の発熱、咳などの風邪症状がみられた場合は、自宅にて療養するものとします。この場合、法律相談等に支障をきたす場合がありますがご了承ください。

4.法律専門家としての社会貢献
日頃から法律専門家として社会に貢献することをミッションにしていますが、新型コロナウイルス感染症対応からひきおこされる種々の問題に対して、法律専門家として対応することを通じて、一層の社会貢献をはたすことを心がけています。

It's only fair to share...Share on LinkedInTweet about this on TwitterShare on Facebook