相続

備えあれば憂いなし

相続問題は、時に「争続」といわれることがあります。
特に相続財産が不動産のみの場合などは、その不動産をめぐって、相続人の間で、紛争が繰り広げられることになります。

最良の対策は、「備えあれば憂いなし」になります。私たちは、一般には、公正証書遺言の作成をおすすめしています。その際の必要書類の準備、文言の確定、公証人との調整、遺言作成の立ち会いなどをお手伝いさせていただきます。また、高齢の方などの便宜を考えて、出張での法律相談にも対応させていただきます。

紛争が発生したら

相続問題は、具体的に、以下のようなプロセスを経て、解決されることになります。

相続人の確認
相続財産の確認
遺産の評価
特別受益の有無・額
寄与分の有無・額
具体的な分割方法

従来は、非常に、これらのプロセスが時間がししることも多かったのですが、現在では、合理的な処理もなされ、判断にいたるまでの時間も短縮されるようになってきています。

なお、詳しくは、駒澤綜合法律事務所の離婚・相続の部屋でふれています。